釣り東北8月号掲載●ヒロセマン実釣 LSJ☆ライトショアジギング☆に新兵器登場!

最終取材日 06/22/2017
地域 青森県
主な釣り場 夏泊半島
主な釣り人 ヒロセマン
編集 編集部
撮影 編集部
主な対象魚 青物
釣り方 ルアー釣り
取材協力

6月下旬、青森県陸奥湾・夏泊半島周辺ではイナダ・ワラサが多く回遊しており、防波堤から狙うショアジギングで盛り上がっていた。さらにボトムを狙えばアイナメなど根魚の他、ショアからマダイが上がっている情報も聞こえていた。
 そんな中、メジャークラフトのヒロセマンこと広瀬達樹さんが、青物、根魚、フラットなんでも狙えるライトショアジギングのNEWルアーを手に青森に降り立った。

本文抜粋

 初日は昼からのスタートで、地元アングラーの須藤克也さんのガイドの下、夏泊半島西部の稲生漁港へ向かった。ヒロセマンがリグったのは注目の新ルアー、メジャークラフト「ジグラバースルー(鯛ラバタイプ)」30g。同ルアーはキャスティング専用のラバージグで、テスト段階では根魚を始めとした多くのフィッシュイーターを仕留めてきたヒロセマンのお墨付きだ。

当記事をより詳しくご覧頂くために、定期購読をお勧め致します。専用フォームだけでなく、お電話等もご利用下さい。

定期購読申込

当記事に関するご質問・ご相談は「お問い合わせ」ページをご覧の上、お電話または専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ