釣り東北8月号掲載●ルビーレッドに輝くアカムツを求めて テル岡本 青森風合瀬沖実釣!

最終取材日 06/15/2017
地域 青森県
主な釣り場 風合瀬沖
主な釣り人 テル岡本
編集 編集部
撮影 編集部
主な対象魚 アカムツ
釣り方 エサ釣り
取材協力 光翔丸(北金ヶ沢漁港)

深海のルビーとも称される紅く輝く高級魚アカムツ。食味は白身のトロと呼ばれるように非常に美味で、世間一般的には「ノドグロ」の俗称で知られている。東北地方でも釣り場開拓が日々進み、好ポイント・青森県風合瀬沖ではジギングもすっかりと定着している。そんな同地にDEEPMASTERテル岡本こと岡本光央氏が訪れアカムツに挑んだ!

本文抜粋

 実釣日は6月15日(木)のこと。「光翔丸」にて北金ヶ沢漁港を出船。ポイントは風合瀬沖水深150mライン。今回、岡本氏に同行するメンバーは大泉氏、つりエサ倶楽部マリン代表・丹野氏の2名。アカムツ釣りは初めてだという丹野氏は前日の釣行で人生初のアカムツをキャッチし、この日は1kgオーバーの大物を狙いたいと意気込んだ。

当記事をより詳しくご覧頂くために、定期購読をお勧め致します。専用フォームだけでなく、お電話等もご利用下さい。

定期購読申込

当記事に関するご質問・ご相談は「お問い合わせ」ページをご覧の上、お電話または専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ