いざ本州最東端へ! 真冬の初釣り釣行は磯投げから

最終取材日 01/08/2017
地域 岩手県
主な釣り場 重茂半島
主な釣り人 菅野剛
編集 菅野剛
撮影 菅野剛
主な対象魚 ナメタガレイ、アイナメ
釣り方 投げ釣り
取材協力

読者の皆様は初詣でと初釣りはお済みですか? 私はチームTRYのメンバーを含めた4名で、久々の重茂半島での初釣りをするため、宮古市の「ゆたか丸」の船頭と連絡を取りました。釣行予定日は平成29年1月8日。渡船をしての磯投げ釣りで、狙うは大型ナメタ&超アイナメそして大型ソイ。

本文抜粋

そのため、昨年暮れから段取りを進めてきました。しかし、最近は温暖化の影響なのか天候の変化と共に魚の行動が読みにくくなり、暖流系の魚が東北に海遊してきたり、冬の季節に必ず釣れるはずな寒流系の魚が釣れなくなってきたり…と、何かと難しくなってきました。そんな状況ですが、釣り師にとっては、やっぱり冬の産卵期を迎えるあの魚を何とか釣りたいところ。釣りを楽しむために、率先して行動したいのです。
◎いざ宮古へ!

当記事をより詳しくご覧頂くために、定期購読をお勧め致します。専用フォームだけでなく、お電話等もご利用下さい。

定期購読申込

当記事に関するご質問・ご相談は「お問い合わせ」ページをご覧の上、お電話または専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ