連載●わっぱが何でも釣り特捜隊レボリ ューション 69 三陸タラジギングで勝負せよっ!の巻

最終取材日 01/29/2017
地域 秋田県
主な釣り場 男鹿沖
主な釣り人 わっぱが隊員
編集 隊員T
撮影 わっぱが隊員
主な対象魚 マダラ
釣り方 ジギング
取材協力

隊員T:隊員Y君、こどしは三陸のタラが早くもいっぺ釣れでるみでんすや(隊員Y君、今年は三陸のマダラが早くも沢山釣れているみたいですよ)。
隊員Y:そうなんすか? 今年も行ってみたいっす(そうなんですか? 今年も行ってみたいです)。
隊員T:へば、行ぐすべ。急遽ハンターさんと行ぐごとなったんすがら(そうすれば行きましょう。急遽ハンター塩津さんと行くことになりましたので)。
隊員Y:行きたいです! よろしくお願いします(標準語)

本文抜粋

 というわけで、今回は三陸タラジギングに行くことに。そして、メンバーは急遽「ハンター塩津」こと塩津紀彦さんチームとご一緒することに!
 マダラの盛期例年は2月中旬頃なのだが、今年は水温が高い割には1月中旬からそこそこ釣れていて悪くはない状況。少しフライング気味だが挑戦することになったのだ。実釣当日の天候は穏やかな釣り日和で海も超ベタ凪。冬とは思えない最高のコンディションでポイントとなる水深100mラインを目指す。

当記事をより詳しくご覧頂くために、定期購読をお勧め致します。専用フォームだけでなく、お電話等もご利用下さい。

定期購読申込

当記事に関するご質問・ご相談は「お問い合わせ」ページをご覧の上、お電話または専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ