連載●東北大陸鮭鱒紀行 45 東北の在来種と外来魚を考える

最終取材日 03/22/2015
地域 その他
主な釣り場 河川湖沼
主な釣り人 佐藤浩
編集 佐藤浩
撮影 佐藤浩
主な対象魚 トラウト全般
釣り方 ルアー釣り
取材協力

年が明けてから荒れた日が続き、釣りに行くこともできない日々。家でニュースを見ていると、新しくアメリカ大統領となったトランプ氏が就任早々中東やアフリカ7ヶ国の人を一時的に入国禁止とする大統領令を発令し、世界中に物議を醸している。

本文抜粋

テロリストの入国を防ぐのが目的だが、そこには人種や宗教の違う人を排除しようとするような考えが見え隠れしているような気がする…。
 近年、日本の生態系では外来種が問題となっている。代表的なのはブラックバスで、在来種が捕食されてその数を減らしているとか、ミドリガメ(ミシシッピーアカミミガメ)がイシガメやクサガメの生活圏を奪っているなど、輸入や放流禁止の法的措置が整備されてきている。しかし、元々人間が良かれと思って輸入、移植した生き物達であり、邪魔になったら悪者扱いとは…。

当記事をより詳しくご覧頂くために、定期購読をお勧め致します。専用フォームだけでなく、お電話等もご利用下さい。

定期購読申込

当記事に関するご質問・ご相談は「お問い合わせ」ページをご覧の上、お電話または専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ