特集●今年のイチオシ魚まるっと解剖 青森のメバリングマスターを目指せ!

最終取材日 01/20/2017
地域 青森県
主な釣り場 夏泊半島
主な釣り人 須藤克也
編集 編集部
撮影 須藤克也
主な対象魚 メバル
釣り方 ルアー釣り
取材協力

ライトゲームの定番・メバリング。その手軽さと小型の数釣りからスリリングな引きを味わえる尺メバルまで遊べる、ゲーム性の高さから東北でも着実に愛好者は増えています。そんなメバリングについて、青森での事情を中心に、周年メバリングで現場へ足繁く通うエキスパート・須藤克也さんに伺いました。

本文抜粋

 青森県内のメバルの分布は、日本海側から陸奥湾内、下北半島、太平洋側まで幅広いエリアにまたがりますが、数型共に狙うなら陸奥湾内が最も有望です。特に西湾は実績も高く、西風が強まる冬期間でも風裏となることも好材料となります。詳細は後述しますが、時期によって30~35cmクラスが狙えるエリアで、今季も仲間内で10匹以上の尺クラスが出ているとのことです。
 同じ陸奥湾内でも夏泊半島はメバルの魚影が濃いエリアですが、湾内に突き出ているため風の影響を受けやすく、東系のヤマセ、北風~西風とどこかしらで風が当たります。西系or東系なら風裏もできますが風を受けるエリアはその分水温が下がりやすいので、南系の風が吹くなど条件次第での釣行になるそうです。

当記事をより詳しくご覧頂くために、定期購読をお勧め致します。専用フォームだけでなく、お電話等もご利用下さい。

定期購読申込

当記事に関するご質問・ご相談は「お問い合わせ」ページをご覧の上、お電話または専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ