シーズン真っ盛り 釣り方2パターンを押さえてヤリイカを確保せよ!

最終取材日 02/06/2016
地域 秋田県
主な釣り場 男鹿半島
主な釣り人 小山康夫、小松貴史
編集 編集部
撮影 編集部
主な対象魚 ヤリイカ
釣り方 ウキ釣り、エギング
取材協力

日本海側の冬の好ターゲット・ヤリイカ。最大で胴長40cmを超えるパラソルサイズが狙える上、そのシャキッとした食味はもう釣り人だけの特権! とはいえ、厳寒期の釣りだけに長時間釣り続けるのはなかなかつらいのも正直なところ。釣り方をしっかり押さえてより効率的に狙うことで、短時間できっちり結果を出しやすくなります。

本文抜粋

ということで、オカッパリから狙うウキ釣り、エギング2通りの釣り方を紹介します。
 東北のオカッパリから狙えるイカは今回紹介するヤリイカ、スルメイカ、アオリイカの3魚種。いずれも小魚にとっては捕食者ですが、フィッシュイーターにとっては格好のベイトとなる存在です。そのため、時に大胆に、時に臆病になるターゲットです。中でも一番臆病なのがヤリイカです。加えて、アオリイカのような長い触腕もなく遊泳力も劣るので、抱きつくのが下手とされています。

当記事をより詳しくご覧頂くために、定期購読をお勧め致します。専用フォームだけでなく、お電話等もご利用下さい。

定期購読申込

当記事に関するご質問・ご相談は「お問い合わせ」ページをご覧の上、お電話または専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ