特集●今年の注目魚まるっと解剖 シーズンを押さえて東北の磯マダイを攻略せよ!

最終取材日 09/30/2016
地域 新潟県
主な釣り場 粟島他
主な釣り人 淺野俊彦
編集 淺野俊彦
撮影 淺野俊彦
主な対象魚 マダイ
釣り方 ウキフカセ釣り
取材協力

東北の磯釣りのパワーファイター・マダイ。その強烈な引きに魅了される磯師は年々増加しています。以前は大型マダイ=離島というイメージも強かったですが、日本海の磯全体で狙うことができます。そんなマダイを追う淺野俊彦・本誌APCに、普段釣行する秋田~新潟の磯を中心に伺いました。

本文抜粋

 東北、新潟のマダイフィールドといえば、青森県竜飛~小泊、西海岸、秋田県男鹿半島、山形県飛島、庄内磯、新潟県粟島、笹川流れが挙げられます。春のシーズンスタートは、水温が低下する冬季に越冬で深場に落ちていたマダイが、産卵のためマダイが浅場に乗っ込んでくることから始まります。この時の目安となる水温は大体14度から。そこで、まず日本海の水温が上がる条件について簡単にまとめてみます。
【潮流】
 日本海の潮流は、南から流れる暖流の対馬海流、北から流れ込む寒流のリマン海流があります。この他、津軽海峡では、太平洋側に抜ける津軽暖流があります。

当記事をより詳しくご覧頂くために、定期購読をお勧め致します。専用フォームだけでなく、お電話等もご利用下さい。

定期購読申込

当記事に関するご質問・ご相談は「お問い合わせ」ページをご覧の上、お電話または専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ