特集●今年の注目魚まるっと解剖 今年も船マダイの時期到来! ルアー系ゲームを網羅

最終取材日 09/30/2016
地域 宮城県
主な釣り場 仙台湾
主な釣り人 田中努
編集 編集部
撮影 編集部
主な対象魚 マダイ
釣り方 船釣り/一つテンヤ他
取材協力

同一魚種を狙う釣りの中でもこれだけ釣り方が多岐にわたるのはあまりないだろう。それだけ船マダイゲームは人気であり、様々なアプローチが考えられてきた証拠でもある。今回は、その中でも鯛ラバ、マダイジギング、ブラーマダイ、一つテンヤのルアー系ゲームについて、それぞれの釣り方やタックルを中心にまとめる。

本文抜粋

 今回紹介する4つの釣り方を比較すると、巻き系の鯛ラバ、マダイジギング、フォールでアピール系のブラーマダイ、一つテンヤに大別できる。
 それぞれメリット、デメリットが存在するので、1つの釣りに特化するのもアリだが、2タックル、3タックルを持ち込むことで、その時に求められる釣り方やアプローチ、周囲とのアクションの違いからマダイを呼び込むこともできる。
 勿論、水深60mより深場で同船者が鯛ラバを使用している時に1人だけテンヤを投入したらオマツリ必至だし周囲に迷惑を掛けてしまうので、事前に確認は必要。

当記事をより詳しくご覧頂くために、定期購読をお勧め致します。専用フォームだけでなく、お電話等もご利用下さい。

定期購読申込

当記事に関するご質問・ご相談は「お問い合わせ」ページをご覧の上、お電話または専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ