釣り東北6月号掲載・大爆釣のチャンス到来! 初夏の宮城マゴチゲーム

最終取材日 05/01/2017
地域 宮城県
主な釣り場 仙南サーフ、各河川河口
主な釣り人 目黒毅久
編集 目黒毅久
撮影 目黒毅久
主な対象魚 マゴチ
釣り方 ルアー
取材協力

5月も後半になるとマゴチが大量に接岸し宮城のフラットフィッシュゲームが最も賑やかになる季節を迎えます。大量というと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、実際マゴチの数がかなり多いのでヒラメを狙って釣るのが少々難しくなるほどです(笑)。引きも強く食べても美味しいマゴチの数釣りができるのは大変な魅力であり、近年大人気の釣りです。今回はそんな旬のマゴチゲームについて紹介します。

本文抜粋

○例年の状況と今年の予想
 例年、マゴチの接岸は4月下旬から始まり、丁度今号が発売になる5月下旬に大爆発を見せます。夏はスポーニングにより静かになる期間が1週間から10日ほどありますが、その後は秋まで安定して釣れ続けます。

当記事をより詳しくご覧頂くために、定期購読をお勧め致します。専用フォームだけでなく、お電話等もご利用下さい。

定期購読申込

当記事に関するご質問・ご相談は「お問い合わせ」ページをご覧の上、お電話または専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ